自走式立体駐車場とは

立体駐車場と一口に言っても、それにはいくつか種類がございます。装置によって車を入庫、運搬して収容する機械式駐車場に、もう一つが運転者自身が目的の階を目指して走行し、駐車する自走式立体駐車場です。この二つの中でも自走式立体駐車場は、大きな施設などで用いられることが多いタイプの駐車場だと言えるでしょう。また、その自走式立体駐車場の中にもいくつか種類があり、駐車場の各階がスロープで連結されたフラット式、駐車階を半階分ずつずらしたスキップ式、昇降スロープを兼ねた緩い勾配の駐車スペースで構築された連続傾床式の三種類です。

それぞれ別々の利点があり、どれかが一番優れているということはありません。自走式が機械式に勝る点として、車の出し入れが容易であることや車の重量制限などが緩いことが挙げられます。荷物の出し入れが簡単なことや、入出庫の操作による待ち時間がないこともそうだと言えるでしょう。ただ、自走式立体駐車場の悪い点として、機械式よりも設計が難しいことが挙げられます。

コストの面ではまちまちなものの、それでも機械式に比べ法律による縛りが非常に大きく、思い描いたようなものを作ることは容易ではありません。利用者の利便性や規模の拡大が容易であるという意味では機械式に大きく勝っているものの、作る側としては自走式は非常に手間がかかり、コストも非常に高い代物です。どちらの方が優れているかに関しては、一長一短という一つの言葉で片付けられると言えるでしょう。

Filed under: 自動車関連, 自走式立体駐車場, Tagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website