自走式立体駐車場の種類

自走式立体駐車場は、駐車するエリアまで自ら移動するタイプです。ショッピングセンターなどに多く見られるもので、いつでも自分の出したいときに入出庫できるメリットがあります。複数階の構造で作られるものですが、その形状によっていくつかの種類に分けることが可能です。自走式立体駐車場には3つの種類に分けることが可能です。

一つはフラットタイプです。各階がスロープでつながってるタイプで、導線がわかりやすいので衝突などのリスクが低くて安心です。とてもシンプルな作りなので、子供や高齢者がいるような場合でも安心して利用することができます。ただし駐車スペースと導線を確保する必要があるので、広い場所を確保しなければいけません。

スキップタイプは各階を半分ずつずらした自走式立体駐車場です。スロープが短くフラットタイプよりも場所を取らずに作ることができます。見通しがよく空いているところを見つけやすいメリットがあります。スロープが狭く、すれ違うことが難しいというデメリットがあります。

傾床が連続しているタイプは、駐車スペースが傾斜していてスロープを兼ねている最も場所を取らない自走式立体駐車場です。緩やかな軽鎖で作られているので、無理な勾配がありません。カーブも緩やかで移動が楽にできます。駐車後に傾斜しているため乗り降りがしにくいなどのデメリットを感じることがあります。

あまり場所を確保できないけど機械式にしたくないときには便利です。

Filed under: 自動車関連, 自走式立体駐車場, Tagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website