防災のための自走式立体駐車場

自走式立体駐車場のメリットの一つとして、防災というキーワードが見直されています。多くの車を収納するために使われる駐車場であることから強度は十分にあります。また、機械式と違って車も人も移動がしやすい構造になっていることも災害時に使いやすい理由の一つです。火事が発生した場合でも、壁や窓などで完全に密閉されていないことから、煙がこもってしまう恐れがありません。

建物の火災で煙の蓄積により発生するフラッシュオーバーを防止する効果が期待できます。自走式立体駐車場は津波に強いと言うことも防災に活用できる理由になっています。強度が高いことから波の力に十分対応できることや、開放的な構造から押し寄せた水が抜けていくことで、復帰が容易であることもメリットの一つです。自走式のメリットとして人も階上に逃げやすいことで逃げ遅れも防ぐことが可能です。

津波が発生したら屋上に逃げるなどのルール作りで多くの人が影響を受けにくい状態になることが期待されます。自走式立体駐車場に備蓄をしておくことで、避難所としての機能も利用できるよう可能です。津波が去った後で自宅に戻ることが難しいときに、屋根を利用して一次避難をすることで安全を確保できます。屋上にソーラーパネルを設置して電気を供給することも可能で、インフラの維持に期待が高まります。

防災備蓄倉庫を設置する場合には4層5段型か5層6段型である必要があります。駐車場の設置の際には防災まで考えて検討しましょう。

Filed under: 自動車関連, 自走式立体駐車場, Tagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website