自走式立体駐車場のメリット

複数の車両を収容するための駐車場を検討するときに、機械式や自走式があります。単純に収容数を多くしたいのであれば、もちろん機械式を選んだ方がいいと言えます。ただし収納数では比較できないメリットが自走式立体駐車場にあるとしたらどうでしょう。それぞれの違いを把握してから検討することも重要と言えます。

自走式立体駐車場のメリットとして、利便性や快適さが挙げられます。駐車後に乗降することも、荷物を取り出すことも特に制限受けることなく行うことができます。特に子供や高齢者などがいる家族では、駐車前に同乗者に降りてもらうことや先に荷物を下ろす必要がありません。車椅子やベビーカー、台車なども車の近くに置けるので安心です。

自走式立体駐車場のもうひとつメリットは、災害に強いということです。機械式は入出庫に電力を必要とします。停電があった場合には、車を使うことができません。また地震などで構造上の不具合が発生したときには、復旧に時間がかかります。

部品の劣化などによって修理が必要となることもあり、メンテナンスに費用がかかってしまうのも機械式のデメリットと言えます。利用できる車種にも制限がありません。車を移動する構造上、高さや幅などに制限が生じる機械式に比べて、自走式立体駐車場は天井高さや一台あたりのスペースなどに自由度があるのでさまざまな車を停めることが可能です。契約できる人を制限しないので、契約数も多くなります。

自走式立体駐車場のことならこちら

Filed under: 自動車関連, 自走式立体駐車場, Tagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website