自走式立体駐車場を経営する際のポイント

自走式立体駐車場は収容台数が多く、効果的に運用することで多くの収益を上げることができると考えられる場合が少なくありません。そのため、周辺に利用する施設が多い場合や多くの集客を見込める場合には非常に効果的なものとなっています。立体駐車場の中でもリフトなどを利用して自動車を移動させるタイプのものはスロープなどを設置する必要がなく、設備自体を非常にコンパクトに作ることができる場合が少なくありません。その設備を整えるための費用が非常に安く済むと考えられることが多いのですが、このタイプではリフトのメンテナンスにかかる費用を始め、またリフトの台数によっては顧客をその間待たせてしまうといった問題も発生します。

特に顧客を待たせてしまう事は時間がしの場合には大きなロスとなり、場合によっては顧客の不満を受けてしまうことも多いため注意をしなければなりません。自走式立体駐車場の場合には利用者が自ら自動車を運転し移動する形になるため、リフト待ちなどの問題は解消されますが、その経路をできるだけ効率的に設定しないと、場内での移動によって多くの時間を費やしてしまい、顧客に割高感を与えてしまうことにも注意が必要です。その設計を行う際には、専門家に依頼し効率的でかつ安全が確保できる経路を選定することが重要なポイントとなっています。自走式立体駐車場は維持費が少なくて済むため、大規模な駐車場では一般的となっていますが、初期投資が非常に大きくなることが多いためこの点も注意をしなければなりません。

そのため、その初期投資を回収することができる十分な経営計画を立案することがポイントです。

Filed under: 自動車関連, 自走式立体駐車場, Tagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website