自走式立体駐車場の利用で気をつけること

自走式立体駐車場は自動車が自ら移動して駐車をする仕組みとなっているため、様々な注意が必要になります。特に駐車場の総面積が非常に広く、混雑している場合にはなかなか駐車をすることができるスペースを見つけることができない場合もあるため、その場所まで長距離を走行しなければならないことも少なくありません。その際には安全運転に心がける事はもちろん、一般の道路ではなかなか遭遇しない事態に遭遇することも多いので注意をすることが必要です。自走式立体駐車場の特徴は目的地までスロープを登って走行しなければならないことにあり、この場合にはそのスロープは道幅が非常に狭いことが多いため注意が必要となります。

一般的には安全のために一方通行となっていることが多いのですが、対面通行になっているところもありこの場合には対向車とのすれ違いが非常に難しいこともあるため、十分に注意をすることが大切です。また安全確保のために下り車両は上り車両と遭遇した場合、停車して安全を確保することも必要となります。自走式立体駐車場でなかなか駐車スペースが見つからない場合には、イライラしてしまうことも多いものです。しかしこれがトラブルにつながることも多いので、冷静に運転することが必要な場合でなく、利用する場合には時間的な余裕を持って行うことが必要です。

常に低速で走行し、周辺を十分に確認しながら安全確保に努めることが自走式立体駐車場を利用する場合には大切です。

Filed under: 自動車関連, 自走式立体駐車場, Tagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website