自走式立体駐車場のメリットとは

自走式立体駐車場は比較的収容台数が多く、また敷地面積が広い場合に適用される駐車場のスタイルです。自動車が自ら場内を移動し目的の駐車スペースに駐車を行う形となっており、非常に効率の良い駐車場経営ができるものとなっています。一般的な立体駐車場の場合には自動車を上の階に移動させるためのリフトや、場合によっては自動車の向きを変えるターンテーブルなどが必要になる場合が少なくありません。しかし自走式立体駐車場の場合にはこれらの設備は不要であり、利用者が自ら自動車運転して目的の駐車スペースに車を止めることができるため、様々な面で効率が高まると言うメリットがあります。

さらにこれらの設備を必要としないためにその導入費用が不要となるほか、メンテナンス費用も不要となるので経営コストが圧縮できると言うメリットがあるのもポイントです。しかし、自走式立体駐車場の場合には利用者は混雑の度合がどの程度か入場してみないとわからないと言う問題があり、また目的の階に到着してもその階に自分が車を駐車することができるスペースがあるかどうかがわからないことが多いため、場合によってはトラブルの原因となります。そのためこれを案内する仕組みを導入することが利用者を増やすためのポイントとなっており、そのための工夫を行うことが利用者を増やすために必要なこととなっている点を意識しなければなりません。また初期投資が非常に大きいことも、意識をする必要があります。

自走式立体駐車場のことならこちら

Filed under: 自動車関連, 自走式立体駐車場, Tagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website